鬼が笑う生活  ~中川亨ギター教室のブログ~

ギター教室付属メイドの生活とは(`・ω・´) b  兵庫県宝塚市 大阪市生野区

大阪国際音楽コンクールと、デトロイト美術館展と、レース編み

教室主様が、大阪国際音楽コンクール・関西地区本選の、審査員控室の様子を送ってくれたのですが…

2016072313190000_2
たぶん、『審査が白熱している』と言いたいのだと思います [E:wobbly]

多種の楽器演奏者・歌い手が出場する大きなコンクールですが、めずらしいことに、「カウンターテナー」で参加されている方もいました。 もちろん、ギターも出場できますよ。  秋にファイナルが行われるそうです。

で、ミータンは大阪市立美術館の「デトロイト美術館展」へ行ってきました。

Dscn0919_2

モネ、ルノワールゴッホセザンヌマティスピカソ など主に 印象派の素晴らしい作品が展示されていたのですが、こちらもめずらしいことに、「20世紀のドイツ絵画」なんてのもありました。  いわゆる、ナチス指定の「退廃芸術」もこの中に入っています。 

画家を目指していたヒトラーがこれらの絵を排除した理由を、自分なりに想像してみましたよ…

音楽や絵の他にも、言葉を使わずに自己表現する方法はいろいろあると思います。

Dscn0923_2
たとえば、亡き祖母が編んだレースのカーディガン。

Dscn0925_2_2



すごいんですけど、この細かさ!  手工芸品ですが、ミータン的には立派なアートです。 自分では絶対無理だもの。  作業の工程を思えば恐ろしくて、挑戦しようとも思わないもの。   

おばあちゃんがコツコツ作った作品の中に、非現実的な憧れや世界観が、どこまでも拡がっていると思いました。 (天国に蜘蛛の巣があったら、きっとこんなふうなのかもしれない…)

にほんブログ村  クリックいただけたら更新の励みになります

中川亨ギター教室 (大阪市生野区、兵庫県宝塚市)