鬼が笑う生活  ~中川亨ギター教室のブログ~

ギター教室付属メイドの生活とは(`・ω・´) b 兵庫県宝塚市 大阪市生野区  ギターイベントの紹介、コンクール etc

それでも帰ってくる鳥に

ミータンはたまに、ツバメの観察記録をつけているのですが。(学術的なものでなく、単に可愛いから) 一生にはいろいろなことがありますね。 

  こちらは車庫で眠るピースケ。

f:id:kakazan:20180608220220j:plain

彼、春にやってきたときは一羽でした。 一週間くらい居て、それからお嫁さんを探しに行って,数日留守にしました。 また一羽で戻ってきましたけれど。

電線でさえずりながら、お嫁さんを待ちました。  カラスが集団で来るので、うちの近所じゃツバメが減ってるのですよ。

一か月半ほどして、ようやくお嫁さんが来ました。 二羽で仲よく古い巣をリフォームしながら、楽しそうに鳴いていました。  他の鳥が巣にちょっかいを出すこともあるけれど。  お嫁さんがタマゴを温めだしたら、ピースケは巣ごと守るようにして眠りました。

ある朝、ミータンがゴミを出しに行った時、巣材が床にちらばって、真珠くらいに小さい黄身が、割れた卵から流れ出ていました。 これまでは、ヒナも生まれていないのにカラスが巣を襲うことはなかったです。  ヒナが生れたら、巣の前にアミをかけることで、だいたいうまくやっていけました。 (肥った巣立ちヒナがさらわれることは、ある。)

  その日から、お嫁さんが姿を消しました。

ピースケはそれからずっと、一羽です。 時々どこかへ出かけて、戻ってきて、また巣を守るように眠ります。

 だもんで、毎日夕方 彼が眠りに着く前、ちょっと話しかけることにしています。

そうせずにはいられないのです。

 

ブログ読んだらクリックしてもらえると助かります! いつもありがとう。

にほんブログ村ギター教室